FC2ブログ

ゲームのタイトルが決まりました(仮)

 こんばんは、めそです。
 表題どおり、今週はようやく決まりましたゲームのタイトルと、
 それから内容についてちょこちょこ語っていきたいと思います。

 ですがその前に、タイトルついでにもうひとつ決めておきたいことがあります。

 はい、それは、このブログの挨拶です。


 いえ、至極どーでもいい部類のことなのですが、この書き出しの
 「こんばんは」というのはどうにかならないものかな、と常々思っておりまして。

 書いている私はこれぶっちゃけ深夜なのですが、読む人はその限りではないわけで。
 ですので、なにかこう、汎用性があり、かつ特徴的な、そんな挨拶を。考えまして。

 ひとつこれ、「さとーす」というのはどうかな、と。


 いえ、まあ、どうかなもなにも、これ決定なので。
 以後、これで通していきたいと思います。

 もう既にすべり気味なネタをさらに説明するのもどうかと思いますが、この挨拶は
 いちおう「砂糖」からきています。「三温糖」→「砂糖」→「さとーす」みたいな。

 雰囲気としては、挨拶に定評のあるリトバスの「おまえ斉藤っす!」みたいな、
 そんな感じです。代打バース!


 ここまで、何言ってるのかわからないかもしれませんが、まあ、気分です。
 とりあえず飽きるまで続けていこうと思いますので、華麗にスルーして下さい。


 ではでは……

 さとーす、めそです。


 じ~~~~ん……


 はい、満足しました。さとーす! さとーす!!
 満足したので、ここからは真面目に「ツルゲーネフとよろしく!」のこと書きまーす。


 さとーす!!(しつこい)



●中トロ(略)について

 「ツルよろ」の続編のタイトル名が(仮)ですが、決定しました。

 はい、「ツルゲーネフとよろしく!」ということで。まあ頭悪いタイトルですね。
 ツルゲーネフさんとよろしくしてあげて下さい。ふへへ。

 「に」を「と」に変えて、末尾に「!」をつければできあがりです。お手軽です。
 で、これを略すと「中トロ」になります。

 「ルゲネフしく」→「ツーとろ」→「中トロ」という流れです。
 若干意味不明ですが、まあ、あまり気にしないで下さい。ノリと雰囲気です。

 ですのでこれ以後、特に何の断りもない場合、このブログで「中トロ」と言ったら
 「ツルゲーネフとよろしく!」のことを指します。

 まあ私が勝手にそう呼んでいるだけですから、みなさんは中トロ以外でもなんでも
 好きなように呼んでやって下さい。よろしくお願いします。


 ちなみに(仮)で未定の部分は、英字サブタイトルの部分です。
 こっちの方はシナリオが完成した後、内容を踏まえた上でまた付けようと思います。



●中トロのシナリオについて

 中トロのトップページと同時に、ストーリーの方も掲載しました。

 ご覧になっていただければおわかりになるかと思いますが、
 だいたいあんな感じの流れで、だいたいあんな感じの内容になる予定です。

 書き上がっていないシナリオの残りは、おおよそあと1/3くらいです。

 4月中の完成にはちょっと間に合いませんでしたが、
 ゴールデンウイーク明けにはおそらく書き上がっているだろうと思います。

 無事にシナリオが完成しますよーに……。これ以上増えたりしませんよーに……。



●中トロの年齢制限について

 中トロですが、前作とはちがい、今回は18禁でのリリースとなります。
 うわ、なんだか「18禁の中トロ」って言葉ちょっとおもしろいですね。発見。

 ええまあ、それでどうして18禁なのかといえば、中トロトップページにも書いて
 ありますが、「好きだから」というのが一番の理由です。

 あとはおまけ程度の理由で
 「全年齢でシナリオを書くとたぶんつまらなくなるから」というのもあります。

 べつに、わざわざ18禁にしなくてもいい、と私も思ってはいるんです。

 喘ぎ声のテキスト描写とか抜きで、ぽろりもなしで、
 その他もろもろの性的な描写を可能な限りうっす――くすれば、
 今回もかろうじて全年齢で出せないこともないです。

 ただ、それが果たしておもしろいのか? と自問自答した結果、
 うん……たぶんつまらないだろうな、と。

 ええまあ、そういう結論が自分の中で出てしまったので、残念ながら今回はボツで。


 エイプリル用のシナリオが伸びてしまって、結局中途半端になってしまったのも、
 実を言えば年齢制限で迷っていたからでした。

 ぎりぎりまでなんとか全年齢にしようと努力をしてみたりもしましたが、
 努力して結局40kbまで書いてみて、出た結論が「そんなん無理」でした。

 なぜって全年齢のはずなのに、途中で必ず水っぽい音が入るんです。
 「ん……ちゅ」とか「ず……じゅぶっ、じゅぞっ」とか、そんなのが。

 おまけにいざ全年齢という枠をとっぱらってみましたらば、その途端に
 ゲームの構想がその倍近くにまで膨らんでしまい、これはもう、やるしかないなと。

 まー、ギャルゲーからエロゲーになった途端にこれです。現金なものです。
 もちろんただの変態だ、とも言えますが(^^;


 してみると、やはりツルよろが全年齢という枠で出せたのは、
 あの追加シナリオまでが最後だったな、としみじみ思うのでした。まる。




 えー、まあ、ぜんぜん綺麗にまとまっていないのですが、ひとまず年齢制限や
 シナリオ全体に関してはそのような感じで。

 18禁化に関しては本当に迷ったところで、
 メリットとデメリットをいろいろ比較してみたりもしました。

 なんとか全年齢でできないかなー、と最後まで粘っていた理由は
 「宮崎さんとまたご一緒にお仕事ができる(かもしれない)」と思ったからです。

 本当に、かえすがえすも残念です(´・ω・`)


 まあでも、宮崎さんも宮崎さんで次々と新しいお仕事をされていたり
 他の企画にご応募されているようなので、
 今度はまたそちらの方で、きっとご活躍して下さることでしょう。応援してます!

 というか宮崎さんの情報を逐一拾うためだけにツイッター始めようかな、とか
 そんなことも思いましたが、さすがに変態が過ぎるのでそれだけは見送る感じで。

 とりあえず、相変わらずNGボイスが可愛らしいです。萌え!


 ……でも、そうするとツルゲーネフさんの声優さんどうしましょうかね。

 ボイスは最悪、今回に限ってはなくてもいいと思っているので、
 非常に難しいところです。

 んー、募集、してみましょうか。
 しかしこんな辺鄙なサイトで、しかも18禁作品。集まる、の、かなぁ……。

 何かボイスに関してのご意見や、もしくは「俺やるよ!」という奇特な方、
 コメントでもメールでも、なんでもお寄せいただければ幸いです。


 ……うわ、文章長くなりすぎましたね。ちょっと反省。
 本当はこの後に桃さんのラジオの話もしたかったのですが、ちょっと来週に回します。

 とりあえず気になる人は、配信中の朧月ラジオの第二夜の方を聞けばいいと思うよ!

 もっと具体的に言うと、第二夜の28分くらいからですかね。
 お茶目な桃っぽいさんがこのへんのブログの記事をラジオで読んで下さいました。

 羞恥プレイとはこのことかー! と。
 さすがはアンテナの広さに定評がある桃っぽいさん(笑)。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

ゲームのタイトルが決まらない

 こんばんは、めそです。
 表題どおり、ツルよろ追加シナリオのタイトルがなかなか決まってくれません。

 決まらないといえば、最近の天候の方もまあ、あんまりよく定まってくれていない感じ
 ですから、お仲間ですね。暗雲たちこめる、というやつです。

 おまけに桜が咲いたかと思えばまた雪が降ってきたりして、
 三寒四温とはまさにこのことだ、と妙な感慨があります。

 桜の花びらに雪が積もって、まるでどこぞのファンタジー世界のようでしたが、
 それだけに自然の力を感じました。二次もいいけど三次もね! みたいな。


 そのようなわけで、まだ若干過ごし難い季節が続いておりますが、
 皆さまにおかれましては風邪などお召しになりませんよう、
 是非とも気をつけていただきたいと思います。

 特にお声が資本の方とか……もっと具体的に言えば宮崎さんとか! ←えこひいき

 コメントレス見てますよー。いつもご丁寧にありがとうございます。
 そしてロリver! 聴きたい!! いや抹殺とかそんな、絶対に可愛いですってー!!

 全国の妹と、宮崎さんの喉の具合が早く良くなりますように(―人―)


 さて、それではいつもよりだいぶ早い段階での私信が終了したところで、
 今回の雑記では、前回の追記で告知しておいた通りツルよろ追加シナリオの話をします。

 それじゃあまあ、ぬるっと話していきましょー。


●ツルよろ追加シナリオ・タイトルについて

 ツルよろ追加シナリオ、もとい続編を現在鋭意製作中です。
 鋭意です。だいぶ進んでます。だからこそタイトルが決まらなくて焦ってます。

 この続編、もとはエイプリル企画から派生したものだ、ということは前回の追記で
 お伝えしたかとは思いますが、実はエイプリル企画の時点では、しっかりとした
 タイトルが既に決まっていたんです。


 それはずばり、

 『ツルゲーネフの嘘つき』

 というタイトルでした。


 はい、エイプリルっぽいですよね。とてもエイプリルっぽいです。
 これでシナリオそのものが嘘っぽくなりさえしなければ……悔やんでも悔やみきれません。
 結局、このタイトル自体が、まるで嘘のように儚く消えてしまった、というわけです。

 まあ、このタイトル、今からでも使えないこともないのですが、
 シナリオが長くなりすぎてしまったため、このタイトルひとつで全体の内容を包括
 できそうにないので、やっぱり使わない気がしないでもないです。んー、曖昧。


 タイトルは作品の最も重要な部分のひとつなので、ここはやっぱり頑張って
 考えていきたいものですが……はてさて、いったいどうなることでしょう。

 ただもしかしたら、場合によっては、ひどく安直なタイトルになってしまうかもしれません。
 今考えている中だと、ツルよろと近い感じのタイトルで、もっと馬鹿っぽくした、
 そんなタイトル案が一応あるにはあります。

 ですがこのあたりはまあ、適当に想像してみていただければな、と。
 また、他に皆さまの方で何か良いタイトル案などありましたら、ご提供を前提にして
 教えていただけるととても嬉しいです。


●ツルよろ追加シナリオ・シナリオについて

 書いてます。けっこう長いです。そしてまだ終わっていません(T^T;

 内容的には、そのままツルよろの後日談といった感じです。

 前作ではキャラ同士の掛け合いがメインでしたが、今回の追加分では、
 キャラ同士の心の動きが中心になっている雰囲気がします。

 他にも、前回あまり語られなかった部分の補完的役割も持っているような気がします。
 ツルよろのキャラクターたちの行動や心理なんかが、なんとなくよくわかったり、
 逆に、もっとよくわからなくなったりするかもしれません。

 まあ、あーだこーだといろいろ好きなこと書きましたが、百聞は一見にしかず、
 というところで、ツルよろをお好き方、今一度お付き合いいただければ幸いです。




 ……ふう。これで、タイトル・シナリオについては一応書きましたか。

 キャラやその他、まだいろいろと書きたいこともありますが、
 なんとなく記事が埋まってきたので今回はこのあたりで。

 来週にはとりあえず、無理やりにでも紹介ページを立ち上げようと思っています。
 ほら、来週はちょうど祝日ですし、ダブルでハッピーになれればいいな、と。


 これで来週にはシナリオの方も完成……してたらいいのになぁ(´・ω・`)

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

(嘘っぽい)再配布終了しました

 ということで、4月15日00:07を以って(嘘っぽい)追加シナリオの方、
 再配布を終了させていただきました。

 web拍手&ダウンロードして下さったみなさん
 私の気まぐれにお付き合い下さって、本当にどうもありがとうございました。
 ゲームの方、楽しんでいただければ幸いです。

 また、再配布のことを捕捉して下さったサイト様がいらっしゃいましたので、
 この場を借りて、ひとまずご紹介したいと思います。


 Fantasistaの横顔 様

 美香月'sフリーゲームレビュー 様

 SWEET HOLIC 様

 樹上開花 様

 サニーガール 様


 捕捉して下さったサイト様方、どうもありがとうございました。

 特に、このうちの2サイト様はレビューまで書いて下さいました。
 以下、記事への直接リンクになっています。


 SWEET HOLIC 様(レビュー記事)

 樹上開花 様(レビュー記事)


 2サイト様とも、あんな何も書きようがないような短いシナリオにはもったいないくらい
 良く書いて下さっています。大感謝です。
 ゲームをプレイされた方は、是非一度ご覧になってみて下さい。


 とりあえずサイト様のご紹介までに。
 (嘘っぽい)追加シナリオの言い訳はあとでまた追記します。


(2010/04/20)

 というわけで、追記で(嘘っぽい)追加シナリオの言い訳をします。
 シナリオの説明とか解説とかではなく、本当に言い訳です。

 あと、嘘っぽくない18禁追加シナリオについても少し書きます。
 これも紹介ページとかいろいろ準備が間に合ってなくて、本当にすみません。

 初っ端から言い訳じみていますが、引き続き、そんな感じで言い訳をどうぞ。


●(嘘っぽい)追加シナリオについて、言い訳

 はい、えーっと、まあ、プレイしていただいた方はおわかりかと思いますが、

 未完成です。ごめんなさい!

 言い訳をします。
 あのですね……シナリオを書きすぎてしまいました。

 追加シナリオは3月の頭から作り始めていたわけですが、
 制作当初はシナリオ量で20kb程度の小話の予定で書き始めていました。

 Might一周年記念イラストと並行してツルよろのシナリオも書き進めていって、
 3月の中ごろには、とりあえず目安にしていた20kbまでを書き終えました。

 ところがぜんぜん、綺麗に20kbで終わってくれません。


 まあここまでだったら、わりとよくある話です。
 特にツルよろに関しては、かなり甘めにプロットを立てているので、増えやすいです。

 実際、前回の追加シナリオの時も増えましたし、
 今回も取り立てて気にすることないよなー、なんとかなるよなー、と
 安っぽい考えのまま、そのまま書き進めるわけです。

 シナリオはそのまま書き進めながら、
 Might一周年記念イラストが終わったころを見計らって、
 今度はツルよろ追加シナリオ用のイラストも描き始めます。

 この時点では、終わらせる気満々でした。超気合入ってました。


 そしてそのまま、3月も下旬に差し掛かります。
 とりあえず当初の倍の、40kbまでシナリオが増えるわけです。


 ……終わらない。

 絶対に終わらない。


 シナリオもまだ完成してないし、イラストとか立ち絵とか何もかも未完成。
 その上、増えたシナリオ分のスクリプトも組まなきゃいけない。無理。
 それでも告知しておいた手前、エイプリルフールまでには間に合わせたい。

 どうする……そうだ。


 そうだ、途中まで作って出そう。


 途中までだったら、このくらいで、ここまでだったら。
 これだったら今からスクリプト組んでも、4月までにはなんとか間に合う……!


 うお――――……(カタカタカタカタ……)



 ――以上が、(嘘っぽい)追加シナリオができあがるまでの流れになります。

 まー、とにかく見苦しい話ですが、
 そんな悪あがきの果てにできあがったのが(嘘っぽい)追加シナリオでした。

 ですから(嘘っぽい)部分も、嘘っぽくない追加シナリオの一部です。
 (嘘っぽい)部分だけエイプリル用の別シナリオ、というわけではありません。

 無論、若干の加筆訂正、スクリプト等修正、いろいろあるとは思いますが、
 基本的にはあのままです。


 果たしてあの後、まーくんとツルゲーネフさんの行く先は!?

 それともあのまま、らぶらぶするだけして終わるのか!?

 そしてそして、あんパンの活躍を見ることはできるのか!?


 追加シナリオをお楽しみに、ということで。

 次の雑記でも、また追加シナリオのことについて少し書きます。
 Leavesの方は、今はちょこっとお休み中です。
 楽しみにして下さっている皆さん、ご期待に添えられず申し訳ありません。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

どうして雑記の更新が遅れているのかというと

 WHITE ALBUM 2 のせいです。




●WHITE ALBUM 2の感想みたいなもの





 写真左から、予約特典フィギュア、店舗特典下敷き&テレカ、ゲーム本体、の図です。

 私は地方在住の身なので、新作エロゲはほぼ全てSofmap通販で購入しています。
 発売日に届いてから(写真だけ撮って)ずっとそのままでしたが、
 先日ようやくプレイすることができました。


 もう一枚写真、特典フィギュア(正面)。





 ヒロインの1人、小木曽さん家の雪菜ちゃんのフィギュアです。おぎそせつな。
 フィギュアの全長は10cmもないと思いますが、よくできていて、かわいいです。


 そしてまたもう一枚写真、初回特典小説(パッケ同梱物)。





 装丁はハードカバーですが、普通の文庫本と同じサイズです。全179ページ。
 内容は伏せますが、ヒロインの1人を描いたものでした。

 初回特典が小説というのは、正直すごいと思います。
 少なくとも、私がこれまで購入してきたエロゲーの中では初でした。
 さすがは丸戸さん、の一言です。

 小説の内容もよくできていて、ゲームとの繋がりを強く感じました。
 というかこの小説の前書きの通りに、ゲーム1週目→小説→ゲーム2週目と読んでいったのですが、
 この読み方で本当に正しいと思います。いろいろな意味で。


 ところで、肝心のゲームの内容の方ですが、良かったです。
 というか号泣しました。
 今週火曜の深夜にインストールの確認だけのつもりでゲームを始めたはずでしたが、
 気が付けば夜が明けていました。徹夜することができたゲームは久しぶりです。

 そんな徹夜状態だったせいなのか何なのか知りませんが、ラストのラストでは
 本当にもう画面が見えない状態で。ああ、涙ってこんなに出るんだな、みたいな。そんな感じで。

 WA2では主人公にもボイスがあって、これもまた良くて、
 ヒロインはもちろん、他のどのキャラのセリフもほとんど飛ばさずそのまま普通に聴いていました。

 逆に言えば、思わず飛ばしてしまうほどの長い台詞がなかった、ということかもしれません。
 地の文も含めて、シナリオのバランスが良かったです。というか良すぎました。
 今、特典の小説を読み終わって、ゲームの2週目を終えてこれを書いているのですが、
 2週目でも普通に泣けました。逆に2週目だからこそ泣けた部分もありました。


 今回、「WHITE ALBUM 2」全体からしてみればイントロ、前編、という形で
 若干の不安もありましたが、
 ゲームをプレイし終えた今では「また後編もできるんだ」という楽しみになりました。

 いや、本当に楽しみです。それと同時に「自分もこんなゲーム作りってみてぇ!」欲が
 湧いてきました。
 やっぱいいエロゲー作るにはいいエロゲーやらないと駄目ですね。
 特に商業のいいエロゲーをやると、自分的はぐっとモチベーションが上がるみたいです。

 というか今回の雑記でエロゲーエロゲー言いまくってますが、
 もともとエロゲー制作雑記なのでそこは気にしないことにします。アイデンティティ的に。


 というわけで、ツルよろ追加シナリオ(仮)の制作もやってますよー。
 それは別の記事に描きますね。今日中に書けたらいいなぁ……。

 それではこのエントリではこのあたりで。以上、WA2の感想みたいなものでした。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

(嘘っぽい)再配布ー



4月15日00:07まで再配布します。

※このゲームは18歳以上推奨作品です。
拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト