FC2ブログ

企画書のフォーマットを教えてください

 さとーす、めそです。

 やってまいりました、更新日の本日は9月の30日、9月最後の日でございます。

 残暑だ酷暑だともてはやされていた暑気も今ではどこへやら、
 すっかり秋めいた季節になってまいりました。オータムオータム。秋到来です。

 いやー、早かったですね9月。長月のくせに短い月でしたね9月。
 怒涛の勢いで流れていった感じがとてもします。

 3 on 10的にも、9月はコンテスト出品からはじまって、
 中トロの方では声優さんの発表など、
 7~8月と比べて、若干盛り上がってきたような気がします。

 いいですね。非常にいいペースですね。
 コンスタントに更新できている感じがしますね。

 今年も残りあと3ヶ月、この勢いを維持したまま
 ぬるぬると頑張っていきたいと思いつつ、
 今週も雑記の方をつらつらと書いていきたいと思います。


●ぷるぴらの話

 本日9月30日、「ぷるぴら」紹介ページを公開しました。


ぷるぴら」紹介ページ


 なんとか9月中に間に合わせた、滑り込み込み的な公開になりました。

 いやー、危なかったですね! 何がっていうかほら、気分的に!

 ぷるぴらは9月のコンテスト作品なので、紹介ページもやっぱり9月中に
 公開しておきたいじゃないですか! やったね! 間に合ったね! ぷるぴら!

 ともあれ、そうですね。
 あんな感じの紹介ページですが、制作には地味に時間が掛かりました。

 でも時間が掛かったわりには、もうひとつ遊びきれていない感があります。
 もっともっとハジけないとたぶんダメですねー、というぷち反省を残しつつ、の公開です。


 さて、あまり意味のない補足説明をしておきますと、
 「トッカー」と「キノェー」という 意味不明 素晴らしいネーミングは原画の白瀧さん発祥です。

 カッコいい名前がもらえて良かったなおまえたち! 感謝しろ!!

 なんか前後に余計なもんまでくっついてるけど気にするなよ! 私からのサービスだぞ!!


 あ、もうひとつちなみに、ぷるぴらの再公開予定ですが、未定です。
 未定の理由は、中トロの作業に集中したいからです。

 ですので、とりあえず中トロが完成するまでは
 ぷるぴらの再公開はないものだと思っていただければと思います。ごめんね!


●中トロの話

 今週は中トロの更新はありませんが、鋭意製作中です。
 現在のトップ絵は過去のトップ絵の流用ですね。

 地球にも優しいリサイクル! レッツエコロジー!

 そんなエコロジーを盾に、今週は中トロの話もちょっと省エネ。

 今回はぷるぴらの方がメインですし、こんな感じで。おしまいです。



 それでは、今週はこのあたりで。

 読書の秋、スポーツの秋、そしてエロゲーの秋です。

 来週にはおそらくツルゲーネフさんのサンプルボイスが
 公開できると思いますので、どうぞご期待いただければと。


 以下、前回の拍手コメントのレスです。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

チルハナとイッパイアッテナ

 さとーす、めそです。

 更新日の本日、9月23日はなんと祝日!
 大安吉日の今日は、その名もめでたく秋分の日でございます。

 秋を分けると書いて秋分です。
 個人的には秋~冬にかけての季節が1年の中で1番好きです。
 他の季節にはない風情があります。


 秋深き、隣は何をする人ぞ。


 エロゲー制作をするひとは、今日も元気に頑張ってます、というところで、
 それでは今週の雑記です。


●中トロの話

 「ツルゲーネフとよろしく!」キャラクター紹介ページにて、
 本日、まーくんの幼馴染役の声優さんの発表をしました!

 はい、それではさっそく発表しましょう。
 中トロで初登場となる幼馴染役の声優さんは……(ドラムロール音)


 散花千鶴 さんです!!(ファンファーレ音)


 ええ、はい、そうですねー。ぶっちゃけタナボタですねー、この配役。

 散花さんのキャストコメントをお聴きいただければお分かりいただけるかと思いますが、
 何を隠そう「ぷるぴら」絵師の白瀧さんとは、散花さんの別名義です。

 ここだけの話、白瀧さんがぷるぴらに絵師としてご応募してくださった際、
 ぷるぴらの絵師はともかくとして、散花さんに幼馴染役をお願いできないかなー、と
 密かに思ったりしてました。

 それというのも以前、私が散花さんのご出演されていたゲームをプレイしていたからです。

 散花さんがご出演されているそのゲームですが、フリーソフトなので、
 私と同じく、もう既にプレイされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 はい、そのゲームとは「ぱんけーき」さん制作の「からふる」です。

 こちらのゲームでは散花さんは「尭白ひより」という名義でご出演されています。
 いったい、いくつの名義を持っているんでしょうね、散花さん……謎です(^^;

 しかしまあ、そんな感じで、「お願いできないかな」と思ってはいましたが、
 実際にお願いすることができるかどうか、となると、それはまた別の話じゃないですか。

 それでもそういった内心を隠しつつ、とりあえずぷるぴらの絵師をお願いするじゃないですか。
 実際、「白瀧さん」の絵師の能力は絵師の能力として、そちらもぜひお願いしたかったんです。

 そしてぷるぴらのあとがきをご覧になってくださった方はお分かりかと思いますが、
 ヒロイン役のボイスの依頼もしているじゃないですか。そして断られているじゃないですか。

 その上で、散花さんから丁寧なお断りのメールが届いた、という話もしたじゃないですか。
 しかしその文面によく目を落としてみると、こんなことが書いてあるじゃないですか。


  『ボイスはまた機会があれば誘ってやってくださいませ!ませ!
   今回はちょっと時期が悪かったというだけなので。』
(原文ママ)


 ( ・ω・)……ふむ、誘ってください、か……。


 (?・ω・)……あれ、なんだこれ……もしかして……フラグ? なの?


 (つ・ω・)っ ダメもと~で、お願いのメールをー、カタカタカタカタ……



めそ「(中トロの幼馴染役)や ら な い か ?


散花「アッ――!!」



 これがつい先日、2週間ほど前の話です。

 なんというか、こう、ここまで来ますと、少しは天の采配とか信じてみたくなりますよね!
 どうもありがとう神様! きゃっほう!!


 さて、というところで、ええと、なんとなくノリとか勢いで決めてしまったように
 書いてしまいましたが、大切な声優さんをその場のノリとかで決めたりしません。

 声質や演技、それから安心してお仕事をお願いできるか、ということを念頭において
 幼馴染役のキャラクターボイスの依頼をさせていただきました。

 散花さんの場合、爽やかで甘い声、それから舌っ足らずでほんわかとした雰囲気が決め手です。

 果たして散花さんが幼馴染をどのように演じてくださるのか?

 もうしばらくの間、キャストコメントからご想像いただければ幸いです。



●ぷるぴらの話

 負けました。箸にも棒にもかかりませんでした。

 私はコンテストは結果が全てだと思っているので、
 それ以外には何も書けません。

 ただ、ひとことだけ、

 ぷるぴらをプレイしてくださった皆さん、
 ぷるぴらのご感想をくださった皆さん、
 ぷるぴらを捕捉してくださったニュースサイト様

 それから最後に、お忙しい中、嫌な顔ひとつせずにお付き合いしてくださった白瀧さん。

 たくさんの方々に、本当にどうもありがとうございました。感謝感謝です。


 で、ひとつ困ったことはといえば、
 描いていたイラストが公開できなくなってしまったことでしょうか。

 残念なことに100%勝つつもりでいたので、
 本編と絡めて、けっこうそれっぽいイラストを描いていたんです。


 いろいろな意味でとても残念な結末でした、オチでした。

 じ、自虐ネタなんかじゃ、ないんだからね!


 ……というツンデレも、なんとなくあわせてみるオチでした。

 これが俗に言う二段オチです(絶対ちがう)。ぷるぷるぴらぴらおちおちでした。



 さて、それでは今週はこのあたりで。

 来週の更新予定としましては、「ぷるぴら」紹介ページの公開、
 もしくはツルゲーネフさんのサンプルボイスの公開を予定しております。

 秋分、分け目ということで、中トロの声優さんもようやく出揃いました。
 これからの季節、秋から冬にかけて、ばりばり活動していこうと思います。

 応援よろしくお願いしますー。


拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

ツルゲーネフさん、のこと。

 さとーす、めそです。

 今週の世の中は民主党の代表選で沸いたり、日銀が市場に介入したりと
 いろいろ目まぐるしく動いていますが(あるいは動いていないのかもしれませんが)、
 それはそれとして、本日は木曜日なので、いつも通りに雑記の更新をいたします。

 政治とか経済とかの話はさておき、今週のトピックスはなんと言っても
 そう、ツルゲーネフ役の声優さんのことに関してですよね!

 ではでは早速、中トロのことから書いていきたいと思います。


●中トロの話

 「ツルゲーネフとよろしく!」キャラクター紹介ページにて、
 本日、ツルゲーネフ役の声優さんの発表をしました!

 宮崎さんに続く第二のツルゲーネフさん役の声優さんは……(ドラムロール音)


 犬飼あお さんです!!(ファンファーレ音)


 いやー、ついに発表できました。実は、ちょっと前からもう決まってました。

 具体的な日付を言うと、だいたい約1ヶ月前の8月18日頃には正式に
 ご依頼することが決定した雰囲気になっていた感じでしょうか。

 今回の依頼に際しては、私の拙い文面にも関わらず
 犬飼さんには本当に丁寧で迅速なご対応をいただきました。

 この場を借りて感謝に感謝! その節は本当にありがとうございました!!


 さて、それではここからは犬飼さんのこととか、
 それから数は少ないとは思うのですが、ツルゲーネフ役の声優さん変更の経緯を
 まったく知らないひと向けに、ちょっと事情などを語っていきたいと思います。

 ええと、今回「ツルよろ」の続編を制作するにあたって、
 声優さんを変更するという、このことだけは、どうしても避けては通れない問題でした。

 声優さんの変更、というよりもむしろ、年齢制限の問題ですね。

 ぶっちゃけ、ツルよろを続編として出す以上、全年齢向けというのは
 私にとってかなり厳しいものだったんです。

 このあたり「どうして厳しいのか?」を書いてしまうと、
 本当に長くなってしまうのでカットします。

 ですが、はい。
 そういったわけで、宮崎さんに代わる新しい声優さん探しがはじまりました。

 今回も前回同様、かなりの数の声優さんのサイトを巡り、サンプルを聴き、
 私が持っているツルゲーネフさんのイメージと合う方を探していきました。

 そして、とある声優さんのサンプルを聴いた時、
 「このひとだ!」と思えた方が、お一方いらっしゃいました。

 それは犬飼さん……ではありませんでした。

 結論から言ってしまうと、その方には断られてしまったわけですが、
 その時に断られてはじめて、私なりにわかった部分がありました。

 それは私は「ツルゲーネフ役の声優さん」を探していたのではなく、
 「宮崎さんの代わり」を探していたのだ、ということです。

 なんだか、とてもくだらないことをすごく大げさに
 書いているような気はするのですが、私にとっては大事件でした。

 なんというか、自分にものすごい規模で呆れました。
 具体的に言うと、日本の国債ぐらいの規模で呆れました。つまり大赤字です。

 私は宮崎さんのことが大好きで、それはもう大好きなのですが、
 そのことと作品のこととは、まったく別の問題です。

 声優さんはキャラクターではありませんし、その逆もまた然りです。

 私はツルゲーネフというキャラクターに合う声優さんを探すフリをして、
 宮崎さんに近いキャラクターを無意識のうちに探してしまっていたのです。


 で、いったん、ぜんぶリセットしました。

 リセット、というよりも、宮崎さんとツルゲーネフさんを切り離しました。
 いえ、そんなことかなり無理ですが、それでも切り離したフリをしました。

 そうすると、だいぶ可能性が広がりました。
 もう一度、声優さんのサイトを巡り、サンプルを聞きました。

 それは自分の中にあるツルゲーネフさんのイメージを、新しく作り直す作業でした。

 それでもきっかけというのは、思いも寄らないところに転がっているものでありまして。
 某クリエイター求人情報掲示板のリンク先から、犬飼さんのことを知りました。

 そうして犬飼さんのサンプルボイスを聴いた時
 なんて演技の上手いひとなんだろう、と思いました。

 少女から少年まで幅広く演じ分けられる声質と演技力を持ち、
 なおかつ、声そのものにも、しっかりとした魅力がある。

 もしも、このひとにツルゲーネフ役をお願いすることができたら、
 自分の知らなかったツルゲーネフさんに会わせてくれるかもしれない……。

 その思いは、サンプルを聴いているうちに、どんどん強くなっていきました。



 はい、以上が声優さん変更までのおおまかな経緯です。

 以上のぐだぐだした女々しい内容を1行でまとめると、


『今回は前作のイメージは完全に度外視で、声の魅力と演技力だけで選び直しました』


 ということです。おしまいです。

 また、もう既に犬飼さんのキャストコメントをお聴きいただいた方はご存知だと思いますが、
 犬飼さんには前作「ツルよろ」をプレイしていただいております。

 これは私が強制的に「やれ!」と言ったわけではなく、
 犬飼さんが自主的にプレイしてくださった、ということです。

 犬飼さんはとても真摯にお仕事をされる方で、
 制作者として手本になると同時に、とても励みにもなります。

 犬飼さんが演じる新しいツルゲーネフさんを、みなさんもぜひご期待ください。


 そして来週にはなんと、

 幼馴染役の声優さんの発表&収録前キャストコメント

 をご用意しております。

 こちらも、どうぞご期待下さい!


 ってかこの雑記、なが――――――っ!! なが――――っ! なが――っ……(エコー)



●ぷるぴらの話

 サクッっと終わらせます。

 主宰者の二位さんに「ぷるぴら」のダウンロード数をお尋ねしたところ、
 ぷるぴらは、506ぷるぴろーどいただくことができたようです。

 ダウンロードしてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

 これ、公開してもいいのかどうか、二位さんにまだ確認を取っていないのですが、
 プレイヤーさんあってこそのウチですから、たぶんOKでしょう。OKなはずです。


もうちょっとで完成


 イラストの方も、ぼちぼち完成するみたいです。
 折を見て公開したいと思います。お楽しみに!



 それでは、今週は以上になりますか。いやー、長かった!
 ぜんぶ読んでくれたひといるのかな! いてくれたらいいな!

 ではまた、来週の雑記で。
 来週のテーマは『幼馴染さんと私』でお送りしたいと思います(嘘)。


拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

「(以下略)」が多いぷるぴら~中トロ雑記

 さとーす、めそです。

 まだまだ残暑が厳しい今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 今週はその上、残暑と台風のダブルパンチでしたね。

 今回の台風では特に記録的な降雨量を観測したそうで、
 各地での被害が甚大であるというニュースを仄聞いたしました。

 この夏の暑気もそうですが、自然というのは本当に怖いな、と思わざるをえません。
 そも昔から、『地震、雷、火事、おやじ』と申しますように――


 ……え? 長い?

 あ、もうこういう時事ネタとか、特にいらない感じですかね。
 そうですね。今週は特に、もう避暑地とかなんとかで、いろいろネタ貧の感があります。

 ああ、でもそうですね。せっかくですし、避暑地の話とか少ししましょうか。

 実はですね、個人的にとても胸キュンな雑貨屋さんが避暑地にありまして(以下略)


 はい。そういうことで、今回はこのあたりで切り上げつつ、雑記の内容の方に移りたいと思います。


●ぷるぴらの話

 おすすめ同人紹介 様より「ぷるぴら」のご感想をいただきました。

 ご感想、というよりも作品のレビューですね。ありがとうございます。

 おすすめ同人紹介様といえば超絶レビューサイト様ですから、
 第三回ワンコエントリー作品、全12作品のレビューをしたためておられます。

 ですから、

 「ぷるぴらの感想とかマジどうでもいい、それより他の作品の感想のが見たい」

 という方でも安心です。どしどしアクセスしていただければと思います。


 さて、早いもので、ワンコ作品公開からもう1週間ですねー。
 特に何の記念というわけでもありませんが、とりあえずイラストなんかを描いています。


ラフ画以外のなにものでもない


 ええ、ですが作業が亀なので、ぜんぜん終わりませんでした。
 なんとか作品がまだ公開されているうちにアップ……できると、いいな……(望み薄)。


 それでは、今週はぷるぴらについてはそのような感じで。

 ちなみに、ぷるぴらの作品紹介ページは、作品公開終了後に作る予定です。
 こちら、もし期待している方がいらっしゃいましたら、まだもうしばらくお待ちくださいませーっ。


●中トロの話

 はい、そういうわけで、今週のメイン話題です。

 英語にすると、メイン・ザ・ワダイです。

 ワダイ……和鯛? はいドカン!

 中トロだけにね! 鯛(タイ)っていうね! そういうネタね! 寿司ネタね!

 いえまあタイに中トロなんていう部位ががあるのかどうか知りませんけどねごめんなさい中トロ発表延期しました――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――っ!!



 ……本当に、すみません。
 発表延期の理由は、だいたい作品紹介ページに書いてある通りです。

 実を言えば「ぷるぴら」を制作したのも、中トロの延期に対するご寛恕というか
 そういった部分も少なからずあったりなかったりゴニョゴニョ……。

 でも、ですね! 制作は現在順調に進んでいます!

 とりあえず、ツルゲーネフ役の声優さんが決定しました!!

 これ、ツイッターではこっそりつぶやいていたような気はするのですが、
 ブログでははじめて書いたと思います。

 この声優さんの決定までは本当に、前作の影響もありますから、もうかなり慎重に慎重を重ね(以下略)。


 ともあれ、とてもよい方にお頼みすることができました。
 来週には、お名前とあわせて「収録前キャストコメント」を公開予定ですので、どうぞご期待下さい!



 それでは、今週はこのあたりで。

 中トロ制作は、本来は夏までには完成する予定だったものが
 いい意味でスケールが広がり、現在まで制作期間が延長されている、という状況です。

 完成すれば、きっと前作のファンの皆様や、おそらく新規プレイヤーの方々にも
 ご満足いただける内容になると思いますので、応援「よろしく!」お願いいたします。


以下、先週からの拍手コメントのレスです。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

避暑地に行ったよ! と自慢してみるワンコ作品感想雑記

 さとーす、めそです。

 避暑地帰りです。避暑地の実際の気温はよくわかりませんでしたが
 森林があると、わけもなく涼やかさを感じました。人間って結局いきものなんですねー。

 さて、通常の雑記更新とは何日かずれてしまいましたが、本日も雑記の更新をします。

 話題はやはり、現在エントリー作品が公開中の
 第三回「One dot contest」、通称ワンコに関してです。

 エントリー作品は、ウチの「ぷるぴら」を含めて計12作品ありますが
 私もいちプレイヤーとして、全作品を楽しくプレイさせていただきました。

 そして、プレイしただけで終わるのはもったいないと思ったので、
 それぞれ感想を書いてみました。

 以下、各作品に対するそれぞれかなり主観的な感想です。
 今回、私は特に『湾甲学園』という設定に着目して感想をまとめました。

 私の感想はその「設定を活用しているか?」の枠内で判断しているだけですので
 褒めている作品もあれば、褒めていない作品もあります。

 ネタバレも若干含みますので、作品未プレイの方はお読みにならないことを推奨しつつ
 以下、折りたたみ先にて感想です。


(前回の拍手コメントのレスは、来週の木曜日に行います。ごめんなさい……)


拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト