FC2ブログ

ツルよろ紹介――方向音痴と地方出身者の相関性を考える

 さとーす、めそです。

 如月もいよいよつごもりの空気を帯びてきた時分
 みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

 私は4日間ばかり東京の方に行ってまいりましたが
 まー、やっぱり東京ってすごいところだと思うわけです。


 bill_m.jpg

 ビルどっかーん! 建っていますし。


 mon_m.jpg

 ひとバヴァーン! 集まってますし。


 clock_m.jpg

 時計メギャーン! 刻んでましたし。


 あとはとにかく、ひとの流れの速いこと速いこと。

 駅でウカウカ立ち止まることもかなわず
 気がつけばまた、改札口を間違えています。

 東口? 西口? 南口? 北口?
 いったい、どちらの方位から抜ければ良いのでしょう?


【めそ】「東京さん東京さん、どうしてそんなに改札口が多いのん?」

【東京】「それはだね、地方出身者のひとを軒並み迷わせるためだよ」


 ――さておき。

 方向音痴と地方出身者の相関性を考えながら
 それでは今週の雑記です。


●ツルよろ for iOSの話

 先週末から公開しております「ツルよろ for iPhone/iPad」ですが
 まずはダウンロードの方、どうもありがとうございます!

 拍手ボタンなどという、ワンテンポ遅れる方法を
 採ってしまったのにも関わらず、こちらの方にも
 ご協力いただきまして、どうもありがとうございました……!

 それで、ご協力いただいた拍手数の結果の方を見てみますと
 まー、やっぱりiPhone版の方が需要あるっぽいですねー。

 もしかしたら「iPhone版の方が安定してます!」的なことを
 書いてしまったからかもしれませんが、そういったことも含めて
 iPhone版に人気が集まってしまったような気がします。


 さて、それではここで遅ればせながら
 XNovel版「ツルよろ」のコンテンツ紹介などしてみます。

 「ゲームの内容よくわかんないよー」という方は
 まずはざっくり見ていただければと。

 (スクリーンショットはすべてiPhone版のものです)


 ■「ツルゲーネフによろしく」本編
 s_nev_iphone01.jpg

 言わずと知れた(?)「ツルよろ」本編。
 以下、あらすじ。

 男子学生「まーくん」は、学園のアイドルに告白をした。

 そして、その告白は見事成功――したように思えた。

 しかし、そのアイドルである彼女は、付き合う条件として
 自らのことを「ツルゲーネフ」と呼ぶように彼に要求するのであった。


 女声フルボイス、王道学園ラブコメディ。
 第一回『One dot contest』最優秀賞作品。


 ■「あとがき」
 s_nev_iphone02.jpg

 XNovel版専用のあとがきです。

 いつものテンションで、いつも以上にぐだぐだと。

 ときおり宣伝なども挟みつつ、主に謝意をお伝えするコンテンツです。


 ■「七夕ショートストーリー」
 s_nev_iphone03.jpg

 XNovel版専用のおまけシナリオです。

 2010年7月に雑記上で公開した七夕SSを初のゲーム化。

 七夕をテーマにしたツルゲーネフとまーくんの掛け合いを
 お楽しみいただけます(このシナリオに限りボイスなし)。



 ――と、そんな感じで、XNovel版「ツルよろ」の紹介でした。

 もし、ちらっとでもご興味をお持ちになられた方が
 いらっしゃいましたら、一度遊んでみてください。

 10~20分程度の作品ですし、電車の待ち時間や
 睡眠前のちょっとしたお時間などにぜひどうぞ。

 ダウンロードは以下からよろしくお願いしますー。

 PCから・iPhone/iPadから、それぞれでダウンロード方法が
 異なりますので、その点のみご留意くださいませ。


 ◆iPhone版
nev_iphone.jpg





 PCから → こちらを右クリックして「リンク先を保存」

 iPhoneから(要XNovel) → こちらをタップ


 ファイルサイズが約17MBあります。
 3G回線の方はお気をつけください。



 ◆iPad版
nev_ipad.jpg





 PCから → こちらを右クリックして「リンク先を保存」

 iPadから(要XNovel) → こちらをタップ


 ファイルサイズが約22MBあります。
 3G回線の方はお気をつけください。




 それでは、今週の雑記は以上になります。

 来週はもう3月です。「本当か!」とかちょっと言いたいです。
 内容は中トロのことについてちょこっと書きたいと思っています。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)