FC2ブログ

第2回Odc開催中なのですよ

 こんばんは、めそです。
 久々に雑記の2日連続更新となりました(書いている時点では)。やったね!

 というわけで、今回の雑記では第二回「One dot contest」の作品を一通りプレイさせて
 いただきましたので、その所感などを。

 ですが、これはあくまでプレイヤーとしての、めそ個人の所感ですので、
 できるだけそのままの意味で、邪推やなにかはしない方向で読んでやってくれると嬉しいです。

 ではでは。




 ええと、まずは一通り眺めてみて思ったのですが、やっぱりどの作品もレベルが高いですね。
 作品の規模はともかく、1週間でゲームを作るって、ものすごい大変なことだと思うんですよ。

 その上今回はレギュレーションも前回より厳しく……というか一風変わったものになっていますし、
 作品を完成させる、という、そこのハードルは、本当にかなり高かったのではないかと思います。

 だからこそ、なのでしょうが、そのハードルを越えることのできた作品は、必然的に
 その高いハードル以上の、レベルの高さを獲得している作品なんだな、と。そんな風に感動しました。


 それで、おすすめの作品なんですが…………これが、思ったより難しいですね。
 というのも、『どの方向で』おすすめするのか、というのが、今回本当に難しいです。

 今回は、本当にいろいろな作品がありすぎて、なんというか、その……困りますよね。
 いえ、私が勝手に困っているだけなのですが(笑)。

 テーマが漠然としていた前回の方が、むしろ作品の系統はまとまっていたんじゃないか、
 とも思えるくらいです。本当に多種多様な作品が揃いました。


 なので、どれか2つ3つ、というよりかは、いっそのことまるごと全部ご紹介してみる、
 というのはどうかな、とそんな風に思いました。

 ネタバレはありませんが、作品の内容に多少なりとも触れておりますので、それぞれの所感は
 折りたたみ先にて。

 まずは予備知識なしでプレイしてみることこそが、一番のおすすめ、ということをまず先に、
 ひとこと申し添えておきます。


 それでは、それぞれ簡単に、ひとくちずつではありますが、ご紹介させていただこうと思います。

拍手する
01【いつかきっとうまくいく】

  記憶喪失・仲間・陰謀 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  影絵が雰囲気作りに一役買っていて、全編を通して緊張感を持って読み進められました。


02【空の流刑地】

  ほのぼの・神話・宇宙・SF といった単語にピンと来た人におすすめ。
  タイトルの雰囲気や冒頭での質疑応答など、物語への引き込み方が上手いと感じました。


03【世界救済計画】

  美男子・研究所・エロ・退廃 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  エンディングが選択肢によって細かく分岐し、どの結末も楽しむことができました。


04【彼らの苦悩】

  デザイン・シュール・ギャグ・メタ といった単語にピンと来た人におすすめ。
  馬鹿馬鹿しいと言えばそれまでですが、面白い。本気で馬鹿をやっているいい作品でした。
 

05【double パニック!】

  乙女・王道・入れ替わり といった単語にピンと来た人におすすめ。
  ブラウザ上ですが、物語がサクサクと進むので、ストレスを感じずに楽しめた作品でした。


06【RoseRose~バラ薔薇~】

  西洋・貴族・恋愛・悲劇 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  多彩のグラフィックが目を引き、物語をリードする、まるで1冊の絵本のような作品でした。


07【G戦場ノ我ラ】

  お嬢様・萌え・擬人化 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  タイトルに引かれて損はない1作。萌えあり笑いありそして……といった、バランスの良い作品でした。


08【ランチ・アワー】

  女学生・生徒会・禁断の恋 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  ぷにぷにしているだけでは終わらない、和みから痛みまで幅広くカバーするパンチの効いた作品でした。


09【スワンプマンに花束を】

  病院・クローン・親子愛 といった単語にピンと来た人におすすめ。
  病院の一室だけで静かに、けれども深く……物語に厚みを持たせた作品でした。グラフィックも綺麗です。


10【ハイノネウタ~Song with Gray Sounds.】

  モノクロ・1人称・仕掛け といった単語にピンと来た人におすすめ。
  派手さこそありませんが、コンテストを意識し、丁寧に作られた作品でした。


11【72】

  ハーレム・エロ・巡り合わせ といった単語にピンと来た人におすすめ。
  シンプルな作りですが、全ての要素が過不足なく良くまとまっていて、素敵な作品だなと感じました。


12【たとえばこんな七不思議】

  ギャグ・ナンセンス・シモ といった単語にピンと来た人におすすめ。
  テンポのいい掛け合いが読みやすく、スルスルと進んでいきます。七不思議に対するアンチテーゼ(笑)。




 ――以上、計12作品、どれも素晴らしい作品ばかりでした。
 ここに順位をつけなければならないとなると、二位さんの苦労が今から、もう目に浮かぶようです。

 ですが、おそらくは今回も『該当なし』という結果にだけはならないと思います。
 あ、でもいい意味で、例えば『二作同時最優秀賞受賞』とか、そういうのが、もしあっても素敵ですよね。

 しかしまあ、そのあたりの結果は二位さんにおまかせしておいて、私たちは全く関係のないところで
 わやわや~、とやっていればいいのかな、と、そんな風に思います。

 ゲームってきっと、遊んでもらって、「おもしろかった」って言ってもらうためだけにあるんですよ。はい。
 モノより思い出、賞金より感想……でも、やっぱり賞金も欲しい!

 とりあえず、そんな感じでいいよね。だってコンテストだもの。
 みなさんは、どの作品が一番おもしろかったと思いますか? なんてね。


 前回の拍手コメントのレスは、また次回にでも……お待たせしてしまってすみませんorz

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)