FC2ブログ

七夕……なのかな

 さとーす、めそです。
 はい、ということで、本日これ書いている時点では7月8日なわけですよ。

 ということは、昨日は7月7日だったわけですね。
 ――そう、七夕です。

 七夕はいいですよね。個人的には、結構ぐっと来るイベントだと思うのです。
 なんてったってロマンチックじゃないですか。給食にデザートも出るじゃないですか。

 そんなこんなで、去年は「Might」のショートストーリーなんかも書きましたが、
 今年は……はい、今年はなんにもありません。

 え? 「ツルよろ」で七夕?


 ……うーん。


 それなら、たぶんこんな感じになるんでしょうか。


※ ※ ※ ※ ※


「まーくん、ちょっと」

「なんだ、ツルゲーネフ」

「ねぇまーくん……あなた、七夕って知ってる?」

「ははは、馬鹿にするなよ。当たり前だろう」

「そう、それなら良かったわ。それじゃあ、はいこれ」

「うん? ああ、短冊か」

「ええ、お願いすることがあったら書くといいわ」

「よし、わかった」

「あら、早いわね」

「とりあえず……『学食がタダになりますように』」

「だめ、却下」

「なんでだよ」

「なんでもよ、学食が経営破綻したらどうするの」

「天下りでもしたらいいんじゃないのか。天の川だけに」

「つまらないこと言ってないで。早くちがうのを書きなさい」

「なんだよ、まったく……それじゃあ、『週休7日制になりますように』」

「だめ、却下」

「なんだよ、またかよ」

「当たり前でしょう? そんなのだめに決まってるじゃない」

「はいはい……学年トップのアイドルさまは、さすがに学園がお好きでいらっしゃる」

「……だって、そんなことになったら、毎日まーくんに会えないじゃない……」

「ん? 何か言ったか?」

「な、なんでもないわよっ!!」

「そうか?」

「そ、そうよっ! ばかっ!!」

「なあ、いいかげん、馬鹿馬鹿言うのはやめないか。地味にきつい」

「と、とにかく、つぎっ! 早く次のお願いを書きなさいっ!!」

「って言われても……なああんた、それならいったい、どんな願い事ならOKなんだ?」

「そ、そうね……とりあえず、学食の値下げは無理よ。休日を増やすこともできないわ」

「そこをなんとか、まかり通して」

「まかり通らないし、まかりならない」

「まかりならんか、学食もまけてくれないのか」

「つべこべ言わずに、べつのお願いを考えて」

「天の川の向こうで、織姫と彦星もきっと泣いてると思う」

「だいじょうぶ、予報では夕方から夜にかけて快晴だから。いいから早くお願いする事を考えなさい」

「べつの願い事、ねぇ……うーん……」

「……なにもないの? ほら、なにかあるでしょう?」

「あったけど、さっきあんたに却下されたし」

「た、たとえばよ……たとえば、ほら……女の子とデートしたい、とか……そ、その……キ、キスしたい、とか……」

「はぁ? なんだそりゃ」

「た、たとえばよっ! たとえばっ!!」

「あんたの例えの基準がわからん……」

「そ、そうね、たとえば女の子に関係することだったら、そこはかとなく叶わなくないような気がしないでもないわ」

「なんだと、あいつら神様だってのに、願いを選別してやがるのか」

「ええ、神様とはいえ、そこはほら、人の子でしょう? あると思うわ」

「マジか」

「もちろんよ、間違いないわ」

「よーし、わかった。それなら、これくらいの願いだったら大丈夫だろう……よし」


「……まーくん、それで、何を書いたの?」

「うん? ああ、ほら、これだ」


「なになに…………『全教科100点取れますように』?」

「ああ、神様だったらさ、なんかこう、念力とかで、答えとかぜんぶ教えてくれそうじゃん」

「……まあ、これだったら、叶えてあげられなくもない、か……ちょっとだけ――ううん、かなり、残念だけど……」

「ん? 何か言ったか、ツルゲーネフ」

「なんでもないわ」

「そうか?」

「そうよ。ね、まーくん、そんなことより、今日の放課後空いてるわよね?」

「空いてない」

「うそね、空いてるわ。だってまーくんは帰宅部だもの」

「帰宅する部活動があるだろう」

「それなら部活動の前にほんの少しだけ、図書室に寄るぐらいはできるでしょう?」

「はぁ? どうしてそんなこと」

「いいから、放課後、絶対に来てね」

「……嫌だ。俺はそのまま部活動の方に従事する」

「――来なかったら、あのコンテストの食券の話はパーだから」

「なっ!?」

「それじゃあ、また放課後にね、まーくん♪」


「横暴だ……ちくしょう」


※ ※ ※ ※ ※



 うわ、勢いだけで書けてしまった……。

 というか、思った以上に長くなりすぎてしまいました(^^;
 しかも、会話文だけなのに……ツルゲーネフさん、恐ろしい子……!


 そんなこんなで、長くなりすぎてしまったので、今週の雑記はまた改めて
 別のエントリの方に書きます。

 拍手レスやらなにやらもそのエントリで。遅れてしまって申し訳ないです……。

拍手する

テーマ : 18禁・美少女ゲーム - ジャンル : アダルト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)